fc2ブログ

プロフィール

MAS54H

Author:MAS54H
十代後半から二十代前半にかけて音楽を中心とした英国の若者文化に心を奪われ、ロンドンに行くことを堅く決意
しかし経済的な問題により、英国の影響を色濃く残すであろうオーストラリアに1998年より住み始める
5年間のシドニー滞在中、様々な出会いを通しダンスミュージックとヒッピー文化の洗礼を受け皆既日食があった年の翌年に帰国
その後暫く、俗に言う浦島太郎状態が続く
現在、仕事の傍ら札幌を中心に細々とDJ活動中

 

カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

FC2カウンター

 

フリーエリア

mas54hの最近読んだ本
 

ブログ全記事表示

 

ブログ内検索

 

RSSフィード

 

リンク

 

ブロとも申請フォーム

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

trance'n'dance

コメント (1)

シドニーにいた頃、ダンスミュージックと言えばトランス(ゴアとかサイケのほう)を中心に聴いていたわけですが、現地の日本人ネットワークを通して様々な人たちに出会いました

すっかり生まれ故郷に根を下ろしてしまったので、疎遠になってしまった方も多いのですが、何人かはいまだにSNSを通じて連絡をとっています

先日、個人的に懐かしい中古レコードを購入しました

in essence - spit

Mark AllenやTsuyoshiの他、The OrbのAlex Pattersonもリリースしていたreturn to the sourceからの2001年の作品

このAA面に入っているIn Essence - Spit (Joujouka Remix)はTsuyoshiが同年にリリースしたTokyo Trance UndergroundというミックスCDの1曲目に使われていました(こちらで試聴できます→http://www.saikosounds.com/japanese/display_release.asp?id=2129

久しぶりに聴いて驚いたのですが、今だとこれはトランスじゃないような、、、

確かに飛び音が入っているし、徐々に盛り上がっていく様子はトランスっぽいと言えますが、むしろエレクトロとかディープハウスのように聴こえました(この時期、Tsuyoshiはトランスから離れようとしていた気がする)

じつはこの曲のオリジナルを作った方とシドニー時代何度かお会いしたことがあり、日本人ネットワークで、当時この曲がTsuyoshiのミックスCDに使われることが話題になっていました

まさか今頃になってあの曲のアナログにめぐり合うとは

この曲を聴いていて、それほど親しい間柄ではなっかたのですが、パーティー狂で刹那主義だった私に「今後何かビジョンはあるのかい?」と言ってくれたのを思い出しました




今週金曜日はDJします

LAYER 1st anniversary

コンセプトがしっかりしていて世界水準の音を鳴らしているパーティーLAYER

今回で1周年!

初参加ということで気合入ってます

何度か遊びに行っておりますが、WAZI君の出す危ない音にいつもやられてしまいます

このフライヤーにビビビと来た人も、そうでない人も是非遊びに行きましょう

Layer "1st Anniversary"@ Sound Lab mole on 2008.09.19(Fri)
Deejay-------
Wazi (Tenzin Graphics)
Naohito Uchiyama (SYNAPSE/STATIK/TBHR)
MAS54H
Live-------
Masashi Ikeda (TtbStudio)
Open 23:00
With flyer 1,000yen/Day 1,500yen
more info
http://www.tenzin-g.org/layer










続きを読む »

スポンサーサイト



| ホーム |


 BLOG TOP