fc2ブログ

プロフィール

MAS54H

Author:MAS54H
十代後半から二十代前半にかけて音楽を中心とした英国の若者文化に心を奪われ、ロンドンに行くことを堅く決意
しかし経済的な問題により、英国の影響を色濃く残すであろうオーストラリアに1998年より住み始める
5年間のシドニー滞在中、様々な出会いを通しダンスミュージックとヒッピー文化の洗礼を受け皆既日食があった年の翌年に帰国
その後暫く、俗に言う浦島太郎状態が続く
現在、仕事の傍ら札幌を中心に細々とDJ活動中

 

カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

FC2カウンター

 

フリーエリア

mas54hの最近読んだ本
 

ブログ全記事表示

 

ブログ内検索

 

RSSフィード

 

リンク

 

ブロとも申請フォーム

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

2 Many Charming Men

コメント (0)




今から丁度10年前、WHでシドニーに行くと同時に、ボンダイジャンクションにある語学学校に通い始めた

最初にテストを受けてクラス分けをされたのだけど、私が受講することになったクラスの生徒の割合は5割が日本人、4割が韓国人、残り1割がその他の国(ヨーロッパとか東南アジアの人たち)だった

そのクラスで九州出身のギタリストに出会った

彼はクラスの日本人の中で、私よりひとつ年上の最年長で長老扱いされていたが、お互いかなりの音楽狂いということもあり、すぐに親交を深めるようになった

1ヶ月の一般英語コースが終わると、二人ともその時住んでいたホームステイを出ることになっていたので、二人そろってサリーヒルズにあるフラットへ入居

彼とルームシェアした数ヶ月間ほぼ毎週末、一緒にシドニー中のレコード屋やフリマを巡り、夜になると地元のバンドを聴きにパブに通ったり、暇なときはギターを教えてもらったりしていた

WHのビザが切れた後も、私は就労ビザ、彼は学生ビザでオーストラリアに居座った

私が日本へ帰国した後、彼は結局永住ビザを取得し現地で結婚したらしい

現在は一応SNSで繋がっているもののほぼ音信不通状態

そんな昔の友人との思い出を再び回想させるCDを買いました

Sound Of The Smiths A
The Smiths - the sound of THE SMITHS
(※有田じゃありません)

The SmithsはJoy DivisionとThe Stone Rosesの間を繋ぐマンチェスターが生んだ80年代最重要バンド

GeneやBelle & Sebastianなどなど、後世に与えた音楽的影響は数知れず

前にこの友人のお勧めでフラットの近くにあったレコード屋でベスト盤を2枚買いました

ジョニー・マーの星屑のように美しいギターとモリッシーの物憂げなボーカルと80年代の狂騒を嘲笑うかのような陰鬱な歌詞、すべてがかっこいい

The AvalanchesのミックスCDの中でThe Boy With The Thorn In His Sideのマッシュアップを聴いたときは本当に胸が一杯に(ギターポップ特有のアレ)

ちなみに一番好きなのはこの曲


The Smiths - This Charming Man
(※ミスターじゃありません)

そしてもひとつ


The Smiths - Girlfriend in a Coma
(※タランティーノじゃありません)

今回のベスト盤は全曲リマスタリングが施してあり、モリッシーも編集に携わっているらしい

そういう意味では真のベスト盤と言っても良いのではないでしょうか



パーティー告知!

今週末、丁度1年前にご一緒させて頂いたKitsuneのお二人のパーティーでちょこっとDJします

The Smithsネタのトラックがあればかけたいのですが、そういったものがあるかどうかも知りません 

どこかに落ちてないかなあ

Kitsuné Presents GILDAS & MASAYA
2008 Kitsuné Maison 6 Tour in Sapporo 

2008.12.13(SAT)  OPEN/START 23:00

SPECIAL GUEST DJ:GILDAS &MASAYA(KITSUNE)
            DJ TAMA a.k.a. SPC FINEST

Support DJ:HAMA韻牙ランド,SHIRO(endroll), LockMASTURBATIONS , MAS54H

チケットADV¥3,000 w/f ¥3,500 DAY¥4,000
Lコード:16312/ Pコード:310-341

会場・お問合せ:Sound lab mole
札幌市中央区南3条西2丁目(狸小路2丁目内) ニコービルB1F
(011)207-5101 www.mole-sapporo.jp





スポンサーサイト



| ホーム |


 BLOG TOP