fc2ブログ

プロフィール

MAS54H

Author:MAS54H
十代後半から二十代前半にかけて音楽を中心とした英国の若者文化に心を奪われ、ロンドンに行くことを堅く決意
しかし経済的な問題により、英国の影響を色濃く残すであろうオーストラリアに1998年より住み始める
5年間のシドニー滞在中、様々な出会いを通しダンスミュージックとヒッピー文化の洗礼を受け皆既日食があった年の翌年に帰国
その後暫く、俗に言う浦島太郎状態が続く
現在、仕事の傍ら札幌を中心に細々とDJ活動中

 

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

FC2カウンター

 

フリーエリア

mas54hの最近読んだ本
 

ブログ全記事表示

 

ブログ内検索

 

RSSフィード

 

リンク

 

ブロとも申請フォーム

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

Need UR Gamin' Baby

コメント (2)
YouTubeの存在を知ってからというもの、ずっと見たくて検索しまくっていたPVが漸くアップされました


PNAU - Need Your Lovin' Baby
(いきなりシドニー名物のオペラハウス&ハーバーブリッジ!)

またもやオーストラリアの国営放送局ABCによるMTV的テレビ番組RAGEで放送されたものをアップしたようです

例によって僕がオーストラリアで働いている頃(2000年くらい)によくラジオ(主にTriple J)やテレビで流れていたものです

この頃は土曜日と言えば、クラブか野外か友人宅でパーティー三昧

たまにパーティーがない日には夜遅くまでRAGEを見ているうちに自然と寝てしまうパターンが多かったと思います

大抵の場合、テレビの電源を消さないで眠ってしまっていたので、朝目が覚めるといつも音楽が聴こえました

日曜の午前中は大抵クラブミュージックがかかっていて(おそらく多くの若者がパーティーから帰宅して、自分の家でチルアウトパーティーやアフターパーティーをするためだと推測される)、このPNAUの曲もその頃よく聴いてました

この頃のオーストラリアは確かAvalanchesのアルバムリリース前後であり、Fat Boy SlimやChemical Brothersとともにローカルのダンスアクト(GerlingとかFriendlyとか)もクローズアップされていたように思います

考えようによっては、MODULARを中心としたオージーエレクトロブームの礎を築いたのはこういったアーティストだったと言えるでしょう

PNAUは日本の国内版のアルバムがリリースされているにも拘らず、「PNAU好きだよ」と言う人にはいまだ出会ったことがありません

sambanova

Sambanova (2000)
(このアルバムはリイシュー盤だとジャケ違い)

Again

Again (2006)
(これは持ってないが国内版が売られているのを見たことがある)

エレクトロなディスコに耳が慣れてしまった現在、やけにカッコよく聴こえます

最新PVの音も何気にニューエレクトロ臭が漂ってます


PNAU - Wild Strawberries
(このPVのキャラクターは微妙・・・)

彼らのmyspaceからホームページに飛んでみたのですが、ちょっと驚きました

PNAUの楽曲を聴きながら、フラッシュゲームが遊べるのです

全面クリアした暁には、ひょっとしてレアトラックがダウンロードできるようになるかもしれない、という勝手な期待を持って何度か挑戦していますが、せいぜい6面くらいまでしかクリアできません

腕に自信のある方は是非全面クリアして、何が起こるか教えてください

Play This!

PNAU GAME




スポンサーサイト



<< I've got a new shit! | ホーム | Let's Rock A Nova !! >>


コメント

面白かったです

なるほどです。ヤフーからきました!コメントさせて頂きました。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP