fc2ブログ

プロフィール

MAS54H

Author:MAS54H
十代後半から二十代前半にかけて音楽を中心とした英国の若者文化に心を奪われ、ロンドンに行くことを堅く決意
しかし経済的な問題により、英国の影響を色濃く残すであろうオーストラリアに1998年より住み始める
5年間のシドニー滞在中、様々な出会いを通しダンスミュージックとヒッピー文化の洗礼を受け皆既日食があった年の翌年に帰国
その後暫く、俗に言う浦島太郎状態が続く
現在、仕事の傍ら札幌を中心に細々とDJ活動中

 

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

FC2カウンター

 

フリーエリア

mas54hの最近読んだ本
 

ブログ全記事表示

 

ブログ内検索

 

RSSフィード

 

リンク

 

ブロとも申請フォーム

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

Hot Gaz

コメント (0)






以前、TVの深夜番組で気になる映画が紹介されていました

最近、漸くレンタルビデオ屋でその映画のDVDが一週間レンタル解禁になったようなので観てみました

タイトルは『ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン!-』

Hot Fuzz


内容はロンドンのエリート警察官が上司から嫉まれ田舎に左遷され、その田舎町で価値観の違いに翻弄されながら殺人事件に巻き込まれるアクションコメディ



主人公とその相棒を演じる役者さんの顔に見覚えがあると思ったら、ゾンビパロディ映画の最高傑作『ショーン・オブ・ザ・デッド』のキャストと丸かぶりで監督も同じ人でした

この監督はすごくセンスがいいと思う

場面転換や台詞のひとつひとつがリズミカルで、ちょっとでも画面から目を離してしまうと面白いシーンを見逃してしまうので凄く勿体ない

イギリス的なユーモアを全編に散りばめられてはいるものの、トレスポやロックストックのようにファッション的な「カッコつけ感」があまり感じられないのは好感が持てる

『24アワー・パーティー・ピープル』でトニー・ウィルソン役を演じたスティーブ・クーガンもちょい役で出てきます

で、エンドロールに流れる曲が秀逸すぎる!

94年リリースのSupergrassのデビューシングルの『Caught By The Fuzz』

思い返せば「Fuzz=警察官」って知ったのもこの曲の入った国内盤CDの対訳でした


当時この曲だけ聴いた音楽ライターがイギリス版グリーンデイとか言ってた


明日はニセコに行ってきま~す

now is the time

スポンサーサイト



<< A Guy Called Boratto | ホーム | Now is the Time is Now >>


コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP